看護部

看護理念・目標

kangobu
私たち看護・介護職員一同は『患者様のために何ができるか考える私たちです』の基本理念に基づき、温かい心を持ち、やさしい手で接し、賢い判断で対応できることをめざしています。

職員一人ひとりが患者様の立場に立って、患者様・ご家族様の思いや声に耳を傾け、安全に安心して穏やかに毎日を過ごしていただけるようなサービスを提供させて頂きたいと考えております。

入院についてのおたずね、また入院生活で気がつかれたことなどございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

行動指針

私たちには看護・介護の専門職として、専門知識・技量を持つと同時に、専門職として求められている行動、例えば看護師の場合にはナイチンゲール誓詞があります。また、専門職でなくても医療・看護・介護に関わる仕事をしている場合には、専門職と同様な意識の高い行動が求められています。

当院では特に体が弱く、変調しやすい高齢の患者様のお世話をしています。このような患者様に安らかで長期の療養生活を送っていただくためには、私たちの行動の根幹に「思いやる・耳を傾ける・共にある」ことを強く意識し、実行することが求められます。

  • 患者様に対して
    私たちは患者様を病気・障害の点からのみとらえるのではなく、一己の人間としてその心情を大事にし、療養生活を少しでも生きがいのある生活となるよう援助します。私たちは患者様の安全等に対してスピーディに反応し、対応します。
  • ご家族に対して
    私たちはご家族の介護のご負担を理解し、その心情に充分に耳を傾け、大切にします。
  • 職場の職員に対して
    私たちは専門の殻にこもらず、困難なケースも投げ出さず、それぞれの職員が情報と知識を出し合い共有し、医療・看護・介護が一体となったより良いサービスを提供します。

 

H29年度看護部門目標

1.目標を実践・達成し、個人の成長と組織の活性化を図る

2.全部署・職種間で、互いを認め合い、助け合える職場環境とする

看護部門の概要

病床数
150床(1・2病棟 介護保険適用病床99床、3病棟 医療保険適用病床51床)
施設基準
1・2病棟 看護師6:1、介護士4:1
3病棟 看護師・介護士20:1
看護職員
看護部長1名、看護師長3名、看護主任3名、看護師41名
介護主任3名、介護副主任3名、介護士51名
看護体制
2交代制
看護方式
受け持ち制(一部機能別)

 

院内委員会活動

管理運営委員会 医療安全管理委員会
院内感染対策委員会
業務委員会
教育委員会
褥瘡対策委員会
抑制廃止対策委員会
栄養管理委員会
防災委員会
個人情報保護対策委員会

 

部署紹介

1病棟 介護療養型病棟48床

〝真心と笑顔でやすらぎの介護病棟を目指します“

 当病棟は、病棟目標である「真心と笑顔でやすらぎの介護」が提供できるよう、一人一人の患者様としっかり向き合い、その人らしさを引き出せるような介護を目指し、スタッフ一丸となって頑張っています。

 毎月の誕生会などのレクリエーションも療養生活の中で刺激となり楽しみな時間となるよう力を入れて取り組んでいます。

2病棟 介護療養型病棟51床

〝安心と信頼のある介護病棟を目指します
 ~明るい笑顔で気配りと思いやりを忘れずに“
 当病棟は、長期療養中の患者様が日常生活を安心して送っていただくために、食事、排泄、睡眠、入浴、口腔ケアなど日々気持ち良く過ごしていただけるようお手伝いをさせていただいています。
 また患者様に楽しんでいただけるように催し物などで四季を感じていただけるよう工夫を凝らし、安らかな日々を支えていけますようスタッフ皆で頑張っています。

 

3病棟 医療療養型病棟51床

〝信頼できる看護・誠意のある介護の共和を目指します“
 当病棟は、急性期の治療が終わり、ご自宅や高齢者施設では対応が困難な症状で継続的に医療を必要とされる患者様の治療とケアを行っています。
 安心して療養生活を送っていただけるよう体調・状態に合わせた迅速な対応を心がけ、また治療だけでなく、生活の中でのリハビリや季節行事等を通して生活の場としてもより良いサポートができるよう援助させていただいています。

 

看護部教育

教育の目的 

多様化する社会のニーズに対応できる看護職・介護職としての資質を高め、看護・介護サービスの質の向上を図る

教育の目標

  1. 看護・介護職の本質を追求し、専門職として感性豊かな人間性を培う
  2. 専門職として必要な知識・技術の向上に努め、根拠に基づいた看護・介護能力を養う
  3. 組織及びチームの中で自分の役割りを自覚し、相手の立場を考えて行動することができる
  4. 一人一人が主体的に責任を持って、看護・介護を実践できる
  5. リーダーシップを発揮できる能力を養う
  6. 自己研鑽できる看護師・介護士を育成する

看護部教育