栄養科

基本理念

『安全・衛生・おいしさの追求』
食の安全と衛生を確保し、患者様の健康を維持・増進するおいしい食事の提供に努めます。

入院中のお食事について

東福間病院では、患者様お一人お一人に合わせた内容での食事提供をおこなっています。
治療の一環として重要な役割である栄養ですが、食べられなければ意味がありません。
私たちは患者様が実際に食べられる様子を拝見し、患者様の声をお聞きしながら、
最後まで美味しく食べていただけるよう創意工夫した食事の提供をおこなっています。

調理は、オール電化厨房でコンベクションオーブンや真空調理機を使用して衛生的におこなっています。
できあがったお食事は、温冷配膳車を使用して、冷たいものは冷たく、温かいものは温かい状態で提供しています。移動のできる方は病棟の食堂でゆっくりとお食事をしていただきます。

年1回、患者様へ嗜好調査をおこない、調査結果を献立に反映させるようにしています。

行事食・お祝い膳

季節ごとの行事食を実施しています。旬の食材を取り入れ、食べやすい工夫をして患者様に楽しんでいただけるよう取り組んでいます。また、毎月 誕生月の方へお祝い膳をお出ししています。

1月 おせち料理・七草粥
2月 節分
3月 ひな祭り・春分の日
5月 こどもの日・運動会
7月 七夕・土用丑の日・夏祭り
8月 お盆(郷土料理)
9月 敬老の日・秋分の日・十五夜
12月 クリスマス・大晦日

栄養科-1

普段のお食事

栄養科-2

ソフト食

東福間病院では、咀嚼・嚥下する機能が低下した方向けの『ソフト食』の調理も行っています。
実際に飲み込みの様子を確認する「嚥下造影検査」を行い、患者様お一人お一人の嚥下機能レベルに合わせた食形態で食事提供を行います。

栄養科-3

最後まで口から食べていただく取り組み

ミールラウンド

1病棟ミールラウンド介護療養型病棟では、医師、歯科医師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、
看護師、介護士、施設ケアマネジャー、管理栄養士がチームを組んで、実際に
お食事を召し上がっていらっしゃる様子を拝見させていただき、口から食べる
ための支援をおこなっています。

 

 

栄養相談・栄養指導について

栄養指導(個別指導)のご案内:

医師の指示に基づき、患者様の症状・状態に合わせて、食生活の改善方法を提案します。
ご希望の方は主治医にご相談下さい。

特定保健指導のご案内:

特定健診の結果、支援対象となった方に対して、日頃の生活習慣を振り返っていただき、
食生活や運動実践に関するアドバイスを行い、健康づくりについて支援していきます。
他機関で特定健診を受診された方も、当院で保健指導のみ受けることができます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先: TEL 0940-43-1311(病院代表)